まりちゃんのワレメを観察し、まさぐる日々。

お風呂で見たかわいいワレメちゃん!

温泉

(007)まりちゃんを予約・・・?

投稿日:2005年10月13日 更新日:

「おじいちゃん大丈夫だよ。まりちゃん、お兄ちゃん服すぐ着るからちょっと待ってね」

と、あわてて身支度を整えて、まりちゃんとトイレに向かった。するとじいさんは洗面所で顔をバシャバシャと洗っていたところだった。

「だいじょーぶ?」
「大丈夫ですか?」

俺とまりちゃんの声がハモった。じいさん顔を上げて、

「ああ、もう大丈夫。まりちゃん着替えたのか。すみませんねぇ本当に」

ひとまず元気そうではあったので、

「おじいちゃんだいじょうぶだって。よかったね。まりちゃん」

と振り返ると、まりちゃんはうれしそうに

「ウンッ!」

と答えた。あれだけ体をもてあそばれていても(まりちゃんがどこまで嫌がってるのか知らないけど)まりちゃんはじいさんが好きなんだな、とちょっと嫉妬しながら思った。

 

じいさんが服を着るのを待って、まりちゃんと俺と三人で脱衣所を出て休憩室に向かった。何もしなければこのまま

「じゃあ」

と終わってしまう。このあたりから、どうやって

「次につなげようか」

と脳味噌フル回転モード。ひとまず、

「まりちゃん、ジュース買ってきてあげるからね。何がいい?おじいさんも冷たいお茶買ってきますね」

と、まりちゃんとじいさんに、にっこり笑いかけると、

「んとねー、まりねー、りんごジュース!」

と屈託のない返事。じいさんも、すみませんね、とまりちゃんの手を引いて待っている。ジュースを三本買うと、三人で休憩室に入った。畳敷きのそこには、さっき風呂場にいたと思われる別のじじーが扇風機の前に陣取っていた。そこからちょっと離れた場所に三人で座り込む。まりちゃんはじいさんの膝の上にぴょんと飛び乗って、俺の渡したりんごジュースをちゅぴちゅぴと飲み始めた。そして俺は当然真向かいに座る(笑)。まずは座るタイミングで、膝をたてたまりちゃんのスカートの中に視線をやると、さっきまでもて遊んだスカートとスリップの奥に、見て見てといわんばかりに、無防備にまりちゃんのパンツが覗いている。

ここでじいさんと、さっきの風呂で様子を振り返って気遣うふりをしながら、改めて自己紹介的な話をした。別になんてことのない話ばっかりなんだけど、そのなかにポイントがいくつか。

・温泉好きである
・彼女とよくドライブがてら温泉に来る。きょうは都合がつかず一人で来た
・じいさんとの話の間、まりちゃんの顔は見てもスカートに視線をやらない

一つ目は布石として。二つ目は、温泉好きであると同時に、女(の体)に不自由してなく、つまりロリに興味がないとじいさんに思わせるための方策。そして、その実績的裏付けとして、三つ目にまりちゃんのパンツに興味がないふり。じいさんの側から見えなくても、抱えたまりちゃんが膝を立てて座っていたら、俺のほうからパンツ丸見えになっていることはじいさんにも簡単に想像できるはず。ましてやじいさん、まず絶対にロリだし。まりちゃんのパンツ丸見えのそのシチュエーションでなんとも思わないふりをして、じいさんの信頼を得ようという作戦。

結果として、これが功を奏した。じいさんとまりちゃんもよく温泉に行くという話が出て、

「それじゃあ、いい温泉があちこちにあるんで一緒に行きましょうや」

という話になった。まりちゃんも

「おにいちゃんとおんせんいけるのー?まりもうれしいー」

と喜んでくれたので、

「うん。たくさん行こうねー」

と頭をなでてあげると

「えへへー」

と、じいさんの膝から俺のあぐらの膝に座ってくれた。そのときの膝に感じた、まりちゃんのお尻のやわらかさ、そのままクッションにして持って帰りたいくらいだった。(このときじいさん、まりちゃんのスカートの中をしっかり覗き込んでた。俺はもちろん知らんぷり)

 

そろそろ帰ろうということで建物を出て、次回の温泉の話をしながら歩いていると、じいさんたちはバスで帰るという。

「せっかくだから車で送って行きますよ。そのときに次回の温泉の話でもしましょう」

と言うと、じいさんはちょっと遠慮気味だったんだけど、まりちゃんが

「くるまー!」

と喜んだもんだから、

「じゃあ、すみませんが」

と車で二人を送っていくことになった。

駐車場まで歩いていくとき、まりちゃんはじいさんに手をひかれて、俺はそのあとをついていく形に。温泉の建物と駐車場までは坂になっていて、途中が階段になっているところを、まりちゃんは元気に一段ずつ

「んしょ、んしょ」

とぴょんぴょん跳ねながら上がっていく。ただでさえ下からのアングルになっているところに、女児スカートの短い裾から、まりちゃんの膝の上あたりまでスリップが覗いている。スカートよりちょっと短いくらいの丈だから、スリップの白い裾がまりちゃんのひと跳ねごとに、ちらちらと丸見え状態。もう少しでパンツまで見えそうなんだけど、これがなかなか見えそうで見えない。そのまま適度な距離を保ちつつ、まりちゃんのスカートの中をしっかり観察。携帯カメラでこっそり撮ろうかと思ったけど、携帯を取り出して撮影モードにしてタイミングをはかっているうちに機会を逃した。階段を上りきってしまうと、まりちゃんがくるっとこちらを振り向いた。そのときスカートがふわっとなって、さっきまで見ていたスカートの中の正面アングルが目の前に。一瞬どきっとしてしまった。

「おにーちゃん早くぅ」

後ろからスカートの中を覗かれていたことなどまったく知らない様子で、まりちゃんがぴょんぴょんと跳ねて俺を待っている。

「どの車ですか?」

じいさんに聞かれて、あそこのあの車です、と応じると、まりちゃんが

「くるまー!」

と勢いよく走って行った。

「いつもバスや電車ばかりで車に乗る機会がないものだから、あの子は車に乗るのが珍しくて好きなんですよ」

とじいさんが教えてくれた。まりちゃんは車の前でまたぴょんぴょん跳ねながら

「おじーちゃん、おにーちゃん、はやくぅ!」

とやっている。その様子は無邪気でほんとにかわいい。ドアロックを解除して、助手席に自分の荷物を放り込もうとしたとき、助手席の窓からバンバンと音がした。顔をあげるとまりちゃんの手と頭が見えていて、

「まりまえにのるー!」

とぴょんぴょんアピールしている。じいさんと一緒に後部座席に乗せるつもりだったんだけど、一瞬で計算を組み立てて、

「はい、どうぞお姫様」

と助手席のドアをあけると、まりちゃんが

「わーい」

と助手席にすとんと収まった。じいさんが

「いいのかね」

みたいな顔してたんで、

「まりちゃん、前に乗りたいみたいだから、おじいさん後ろでゆっくりして下さい。お疲れでしょうから途中で横になってもらってていいですし」

と気遣うと(この気遣いは本当。じいさんの具合が悪そうだから、なんて言ったらまりちゃんが心配すると思ったから)、

「そうですか、じゃあ。本当にすみませんねぇ」

と、まりちゃんの荷物といっしょにじいさんは後部座席に乗り込んだ。じいさんから自宅の住所を聞いてカーナビに入力。まりちゃんは俺のその様子をじっと見入っている。

「じゃあ、しゅっぱーつ」

と言うと、まりちゃんも

「しゅっぱーつ!」

と両足をじたばたさせて答えた。そのときもスカートの横からスリップの裾がチラチラ。車を発進させて「

じゃ、おじいさん、行きますね」

と話を振った。じいさんが本当に横になって寝てしまわないうちに次の温泉の約束を取り付けないとこの車送迎の意味がない。どんなところがいいですか?と聞かれたんで、露天の景色のきれいなところと応じた。じいさんは何かモゴモゴとつぶやくと、じゃあ、あそこにしましょうと、俺も名前は知ってる露天温泉の名前を挙げた。あとは日程を決めるだけ。じいさんとまりちゃんは時間の融通が利くみたいで(たぶん年金暮らしじじいと幼児だし)俺の次の休める平日の都合を尋ねてみると大丈夫らしいとのこと。これで決定。あとは連絡先・・・。

「僕の携帯番号をお知らせしときますね?」

と聞くと、

「いや、ああ、メモするものがなくて。ウチの番号を教えておきますね」

との答え。途中の赤信号で、携帯に番号をメモリー。

「じゃあ、細かい連絡は電話で・・・。お疲れでしょう。着くまで休んでてくださいね」

というと、

「ええ、ありがとうございます」

とじいさんは目をつぶった。その間、まりちゃんは窓の外の様子を見たり、

「まりあそこがいいー。おふろのたくさんあるところー」

と話に入ってきたりしてたけど、話が事務的なやりとりになってきた頃から静かになっていた。子供には退屈な話だったもんな、と思って助手席に目をやったら、いつのまにかまりちゃんも目を閉じていた。さっきの計算どおりになりつつある状況。二人を起こさないようになるべく穏やかな運転を心がける。カーナビの位置を確かめた。いまのペースであと15分もあれば目的地に到着する。

-温泉

Copyright© お風呂で見たかわいいワレメちゃん! , 2017 AllRights Reserved.